2014年04月09日

お客様から罵声

これでも真面目に対応しているつもりなんだけど。

本日お客様の携帯から私のPHSに電話が入った。
ちょうど他のお客様先だったので、「Tさん、すいません。今お客様先なので、折り返しお電話します」
と伝えた。
ところが、その言葉を遮るように「お前メール見たのかよ!あんまり舐めるんじゃねーよ。小僧が!」
と言われ、ガチャ!と切られた。
おいらまじ動揺。
二日前に確かにメールは頂きまして、5月中に社内のことでリニューアルを検討しているので資料を集めてまた連絡するという内容だった。
今朝、それに対して返信はしたのだが、届いてなかったか、何かの手違いで、送れなかったかのどっちか。
今、出先だからわからないけど。
緊急性を感じないメールだったので、おいらもすぐに返信しなかったのだが、それは社会人として良くないとは思う。
電話と同じように、お客様は、すぐに返事が来ると思っていて、無視されたと感じたのだろう。
お客様からのメールにはその日のうちに返信しなくてはいけないと痛感した。

でも、でも、それでもである。
一応40過ぎたサラリーマンであるおいらは、そのような罵声を浴びせれれるようなことをしただろうかとモヤモヤしてしまい、久々にブログを更新してしまった。

営業をやっているとこういった理不尽なことがたまにある。

教訓、来たメールにはすぐ返信!
確か会社を運営している敏腕社長の誰かがメールは3分以内で返信せよみたいなことを言っていたと思う。

きっと神様が「お前、気をつけなさいよ」とおいらのちょっと後回しにする癖を正そうとしてくれたに違いない。
お客様、ごめんなさい。以後気をつけます。



posted by 総二郎 at 16:10| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 誰が知っているのか? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/394219286
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック