2008年04月23日

本村さん頑張って!

山口県光市の母子殺害裁判の件。
楢崎康英裁判長は「身勝手かつ自己中心的で、(被害者の)人格を無視した卑劣な犯行」として、無期懲役とした1審判決を破棄し、求刑通り死刑を言い渡した。元少年が差し戻し審で展開した新供述を「不自然不合理」と退け、「1、2審は改善更生を願い無期懲役としたのに、死刑を免れるために供述を一変させ、起訴事実を全面的に争った」と批判した。弁護側は即日、上告した。(毎日新聞社)

日付が変わってしまったけど、

4/22は、「正義の日」に制定したいと思う!!!

4/22は、営業で外周りをしていたけど、気になって仕方がなかった。

携帯でニュース速報のサイトを何度も見て、判決が降る10時過ぎからは、なんども更新ボタンを押していた。

もし、無期懲役なんて馬鹿げた判決が降ろうものなら、日本は「おしまい」だ。

もし、そんな判決が出たら、本村さんは最高裁の前で腹を掻っ切るのだろうか?

そんな日本であってほしくない。

12時過ぎに「死刑」確定!

私は、この2文字を大多数の良識ある日本人は望んでいたと思いたい。

よかった。本当によかった。

本村さん9年間お疲れ様でした。

そして、ありがとう!

そして、楢崎裁判長、ありがとう!

そして、22人のバカ弁護団にも死を!

無理ならせめて、懲戒免職を!

こんな弁護士いらない!
嘘で、犯罪者を守ろうとして、本人にも嘘をつかせ、更生すらできない状態に追い込み、幼い頃の母親の死までも弁論に引きずり出し、最終的に、一体何が残ったのか?

   「反省のない死刑」「償う心のない死刑」

せめて最後に、彼に心の底から「申し訳なかった」と自分の非を認めて死んでほしい。

そして、未成年でも人を殺めたりしたら死刑になることを忘れてはならない。
ラベル:山口県 光市
posted by 総二郎 at 00:34| ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | バカ反対 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
きのう、更生とか携帯しなかった。
Posted by BlogPetの小池さん at 2008年04月24日 09:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック