2006年08月14日

嘔吐、群馬の農薬散布

有機リン農薬散布

ひどい。
農薬散布は小学校のすぐ近くで行われている。
農薬散布に小型リモコンヘリが使われている。
散布して一時間もたたないうちに小学生が散布したすぐ近くの道を集団通学している。
農薬散布の時期に小児科へ嘔吐が酷い子どもがかけこむ。

農薬撒いて、死の土地に変えて、生態系を壊して、子ども達の健康を害して、その米を売って、更にその薬漬けの米を食べさせる。
毒の米を売ってる農民は、そんな米食わないんだろうか。
金の為とはいえ、今の自分達の生活しか考えない農業は、最低だ。

無農薬の農家も日本にはいる。

一度農薬を撒いた土地を安全な土地に戻すには、何十年、何百年とかかるらしい。
posted by 総二郎 at 00:46| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 農薬反対 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする